recent posts

banner image

森(山)や草の簡単な描き方

森や草を描く時はProcreateのブラシ機能を使いこなす


森や草を描く時、あまりにもアバウトに描くと見た目が悪いし、

かといってリアルに描くスキルはない。

森や草の描写はイラストの中でもかなり難しい。

と思っているあなた、大丈夫です!

Procreateを使えばあっという間にイイ感じに描けます。

今回は、Procreateのブラシ機能を使って森と草を描く方法をお伝えいたします。



Procreateのブラシ「雲」を使って森を描く


それでは、まず森を描く方法です。

下のように森(山)全体のラインを決めてベタ塗りします。

鮮やかな緑色ではなく、少しくすんだ色にすると良いです。


次に、「ブラシ」→「エレメント」→「雲」を選択します。

ベタ塗りした色よりも暗い色で、下のようにトントントンと色をのせていきます。


さらに「雲」のブラシのサイズをかなり小さくして、ベタ塗りした色より少し明るい色で

下のようにトントントンと細かく色をのせていきます。

山の斜面の形状を意識しながら、トントントンとラインを作っていく感じです。

※山の右側にさらに暗い色で色をのせました


そうすると下のように少し森(山)らしさが出てきます。

「雲」のブラシで塗るだけでこんなにリアルな表現が可能になります。


次にもう少し明るい色で、やはり小さい「雲」のブラシで

山肌を意識して細かくトントントンと色をのせていきます。

そうすると下のようになり、森(山)は完成です。本当に簡単です。


ブラシ「短い髪」と「製図ペン」を使って草を描く


今度は草の描き方です。

まず、「ブラシ」→「タッチアップ」→「短い髪」を選択します。

下のように下から上に短くシュッシュッと描きます。

ブラシのサイズは大きい方が描きやすいです。


下のように暗い色で下側の方を塗ります。


次に「ブラシ」→「インキング」→「製図ペン」を選択します。

下のように明るい色で、草を一本一本描きます。

奥の方は小さいサイズで、手前側は大きいサイズで描いていきます。


さらに明るい色で、先ほどと同じように描いていきます。


最後に暗い色で、ところどころにだけ草を描きます。

下のようになります。


ハイライトを山につけます。

最後に「調整」→「カーブ」にて色調を補正します。

これで完成です。



どうでしょうか。Procreateなら、背景を綺麗に描くことができます。

しかも時間がかからないので、沢山の作品を手掛けることができます。

良ければ皆さんもお試しください。


森(山)や草の簡単な描き方 森(山)や草の簡単な描き方 Reviewed by iroiropaint on 7/21/2018 Rating: 5
Powered by Blogger.