OZI3’s blog

おっさんのどうでもいいブログ

販売手数料がウソみたいに高いココナラの上手な活用法とは

f:id:shmi:20170624214135g:plain

飛び抜けて販売手数料が高いココナラ

コホン、実は私はココナラで2年前からちゃっかり出品している。

最近の収益は毎月大体2〜4万円で変動が大きいがイイお小遣いになっている。ムフフ。

でも、今更だけど気になっていることがある。

それはべらぼうに高いココナラの販売手数料だ。

現在(2017年7月)、ココナラの販売手数料はな、な、なんと25%。同様の有名なサービスでここまで販売手数料をとるところって他にないんじゃないかな。。。

なんでこんなに高いのだろうか?

先日、ココナラの公式ブログで次のように説明されているのを見た。

(以下はブログから複数抜粋し繋げたもの。太字は当ブログによるもの)

一般的なモノのECに比べて手数料が高いというご指摘は多く頂きますが、まだまだ認知が足りないスキルのマーケットを世の中に確立していくために、プロモーションをはじめとした先行投資に使わせていただいております。これまでもお客様にサービスを知っていただくために、創業間もないベンチャー企業としては身の丈を超える先行投資を行ってまいりました。

今後もマーケットの規模が大きくなるにつれて、
適切に手数料率は見直してまいりますので、ご理解賜われれば幸いです。

つまり、高い販売手数料なのは特にココナラの宣伝に力を入れているから。そして今後もマーケット拡大と共に順次販売手数料を見直すから期待して待っててね~、みたいなことだね。ふむふむ。

ちょい待ち。

今後もと言っているけど、今まで適切に販売価格は見直されてきたのだろうか?

ココナラはもうすぐ5周年を迎えるが、

販売手数料の今までの移り変わりは25%→30%→25%となっている。ずっと高いまま。

マーケットは拡大していないのか?

そんなことはない。

日経MJによると2016年のココナラの売り上げはその3年前の30倍にもなっているらしい!めっちゃ売り上げ伸びてるっしぃ〜っ!2017年はさらに売り上げが大きくなっているでしょ、きっと!

つまりマーケットが拡大しているのに今まで手数料の適切な見直しはされず、ひたすら高い手数料なのだ。うーむ。

だからココナラが今後もと約束していることは過去の経緯からして信用できないなぁ。。。

f:id:shmi:20170624214212g:plain

ココナラのメリットとは?

じゃ、手数料が今後もずっとウソみたいに高くてもココナラで出品するメリットって何?

それはお客が沢山いること。

出品者にとっては収益をココナラに骨の髄まで吸い取られるように感じる痛々しいサービスなのだが、購入者にとっては良いサービスを低価格で購入できる可能性があるお得なサービスなのだ。

それで、現在ココナラは会員が35万人もいる大型サイトへと成長し、しかも成長し続けている。

だから自分が出品したものが大勢の人の目に留まる可能性があるのだ!

f:id:shmi:20170624214229g:plain

ココナラの上手な活用法とは?

ココナラのメリットはお客が沢山いること。デメリットは収益が沢山吸い上げられること。(細かいメリット、デメリットは省く)

この2点を念頭に置いてココナラでの稼ぎ方を考えてみると3つの方法が浮かび上がる。

1.良い商品を販売手数料を引かれても痛く無い程度の販売価格に上げる

良いサービスを提供できるなら、会員数が多いだけあって必ず口コミやレビューで人気が出て来る。

でも価格が安いと販売手数料のせいでほとんど稼げないし、ハイクオリティーなものを作成するには大抵多くの時間を費やす必要もあり、時給にしてみると目を疑うような額になるはず。

そしたら、どうするか?

それは単純、販売価格を上げてしまおう!

勿論、価格は高過ぎてもいけない。あくまでも販売手数料を引かれても痛くない価格にすべき。

例えば、ある商品を作成し納品するまで3時間かかるとする。時給1,000円の働きをしたいのなら、3,000円の収入が欲しいところ。その場合、販売価格を4,000円に設定すると良い。そうすれば25%の販売手数料1,000円が引かれて、3,000円の収入になる。その販売価格が高くないかどうか確認したい場合、ネットで自分が出品している分野の一般的な価格を調べるとイイ。その一般的な価格よりも安く、かつ自分にとって痛くない販売価格に設定するのだ。

f:id:shmi:20170624214245g:plain

抑えておくべきなのは、出品したばかりの頃は、販売実績を作る為に儲けを犠牲にして販売価格をかなり安めに設定した方がイイということ。

販売実績があればお客は安心して購入できるし、良いレビューも沢山あれば一層買い手がつく。

そして販売実績を作りながら段階的に価格を上げていく。そして最終的に販売手数料を引かれても痛くない価格にする。長い目で見れば最初は稼ぐことを犠牲にした方が後々稼げる。

価格を上げた直後は販売数がガクンと落ちるが数ヶ月に渡って次第に回復していくので、焦って元の価格に絶対戻さないこと。良い商品で価格が高過ぎなければ必ず売れていくのだ!どうしてかと言うとココナラは会員が沢山いて、今までの購入レビューや販売数が他の大勢の人の目に留まるから。

余談だけど、自分の感覚では設定価格が低い時より、設定価格を上げてからのお客様の方が丁寧な対応をしてくれていて、気持ちよく取引できていると思う。設定価格によって客層が違うんだろうな~。

2.依頼前に作れるサービスを激安で出品する

ニーズがあって価格が安いサービスはお客が気軽に購入してくれるので販売数が伸びやすい。

500円で販売した場合、販売手数料25%引かれて375円が実益となる。時給1,000円の働きにしたければ20分で1つの商品を完成させなければいけない。

もし似顔絵のサービスを提供していたとしよう。購入者とのメッセージのやり取りも含めて似顔絵を完成させて納品するのを20分以内に行なうのは至難の技だ。よっぽどのプロか、よっぽどの手抜きかのいずれか。後者の場合、即終わる。

激安で出品する場合、依頼があってから作成に入るものは基本的に割に合わないと思っていい。

じゃ、どうすればイイか?

依頼がある前に作れるサービスであればイイのだ!

例えば、ニーズがある分野で「ハウツーもの」の文書をPDFで作成しておく。一度、そのような商品を作ってしまえば、あとは購入がある度にポチッとそのデータを送ればイイだけ。

「○○を簡単に成功させる5つのコツ」とか「必ず結果が出る○○のための10のアイデア」とか「わずか1週間で○○をマスターする方法」みたいな。

事前に3時間かけて作ったものを500円で出品した場合、8人に購入してもらえれば販売手数料を差し引いて時給1,000円の働きとなって元が取れるし、8人を超えてからはほぼ不労所得に近い形になる!やることは購入があった時にポチッとPDFを送るだけ。

ニーズがある内容で激安であれば販売数は伸びていくだろう。

f:id:shmi:20170624214303g:plain

3.儲けは無視して、あくまでも経験値を上げる場として利用する

ニーズのある分野で激安で出品し続けていけば沢山のお客とやり取りをすることになり、自分のスキルをレベルアップさせていくことができる。

ココナラでは購入者とのやり取りで、相手の生の声を聞ける。

何を望んでいるか?どうすれば喜んでもらったり感動してもらえるかが分かってくる。

そうしていくうちに購入者に高く評価していただけるサービスへと成長していき、口コミも広がり、さらなるお客を呼び込むことになっていき、そしてさらなるスキルアップへと良い循環が生まれる。

ココナラは顧客のニーズに応えるスキルをレベルアップさせる場ととらえておいて、経験を積んで極めてきたかも、と思えたら別の場でそのスキルを活かして本格的な収入を得るようにすればイイ。

f:id:shmi:20170624214321g:plain

自分のホームページあるいはブログを持つ

ココナラのようなサービスは沢山あるが、そのような場を自分を発信するメインの場としない。

メインにすべきは自分のホームページあるいはブログでしょう!

イメージとしては木の幹がHP、枝がココナラのようなサービス。

HPで集客してそこからココナラに流すようにしておけば、ココナラに依存しないサービスを展開できる。ココナラがダメになっても自分のHPから別のサービスに誘導すればイイ。もっといいサービスが出てきたら今度はそっちに誘導すればイイのだ。枝が折れても別の枝があるだろうし、新しい枝だって生えてくる、そんなイメージ。

でも、集客力のあるHPを作らないといけないから、その為の勉強をちょっとしないといけないけどね。

f:id:shmi:20170624214353g:plain

結論

なんでいままで時給1,000円を基準に考えてきたかというと、自分の時給が1,000円だから。でも派遣で働いていて交通費が出ないから、実際には時給1,000円もないことになる。うっうっ泣

だからココナラで時給1,000円の働きができれば、それは本当に時給1,000円の働きなんだということで、自分の中でちょっと嬉しくなる話をしてみた次第。

お粗末でしたーっ!m(_ _)m

 

f:id:shmi:20170624225229g:plain